コラム
CONTENTSオーガニックでも界面活性剤は含まれている!?

オーガニックでも界面活性剤は含まれる?top268×150オーガニック洗剤やコスメを選ぶ際、‘肌へのやさしさ’や`地球環境に少しでも悪影響が出ないように’、
という理由で選ばれる方も多いかもしれません。
そんな方からご意見としてよくいただくのが、「オーガニック洗剤にも界面活性剤が入っているの?」というご質問。
答えは・・・YESです。

というのも、界面活性剤が入っていなければ、汚れはそもそも落ちません。
本来、汚れ(油)と水は混じり合いませんが、界面活性剤が入ることによって、油と水が混ざり(乳化され)、
汚れが落ちるようになります。
つまり、界面活性剤が入っていなければ、汚れは落ちません。

e06fc85f658637a6b9f7cd74a5e42dd6732375aaそこでお伝えしたいのが、界面活性剤にも種類があるということです。
環境配慮の観点で界面活性剤を分けると、石油由来と植物由来のものがあります。1960年代、石油系合成洗剤による水質汚染がヨーロッパで問題になり
問題視されはじめたのが、石油由来の界面活性剤です。
石油由来の界面活性剤を使用した洗剤は、すぐに自然の循環サイクルに戻ることができず、水質汚染の原因と言われるようになりました。
そこから派生して、「界面活性剤」自体が問題と認識されている方がまだ多いのかもしれません。

おもちゃ箱で扱うオーガニック洗剤にも、植物由来の界面活性剤は含まれます。
たとえばオーガニック洗剤「ソネット」の場合は、「純植物性石けん」、「ヤシ油由来のアルコールの硫酸塩」
「オリゴ糖(砂糖・植物でんぷん由来)界面活性剤」の3つを組み合わせています。
この独自の配合は、すばやく生分解(微生物によって分解)され自然の循環サイクルに戻る環境配慮の点はもちろん、洗浄力、人体への影響等、あらゆる面で安心安全な洗剤として研究された結果
たどり着いた組み合わせです。

%e5%b7%9d-%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8「毎日使うものだからこそ、安心安全なものを選びたい。」
「せっかくなら自然を汚さないものが良い。」
そんな素敵な選択の輪が、さらに広がるお手伝いが少しでもできればと思います。

#ソネット #ソーダサン

CATEGORY LIST